形成外科

今後の形成外科に対する社会の期待

形成外科というと、一般的に美容整形の方を思い浮かべる人たちが多いのではないでしょうか。
けれどもこれは俗称であり、主として事故などによって、身体や顔面に障害を負ってしまった時に、本人の不快感を減少させる目的があります。
例えば、乳がんなどで、乳房を失った女性にとって、人それぞれではあるが、かなりのストレスを感じる場合があります。
こうした場合、乳房の再建が手術されることで、女性としての自信を取り戻すことができるなら、それは素晴らしいことです。
また、やけどなどを顔に負ってしまい、そのアザを本人が気にしてしまうのと同時に他人もその相手のことを気にかけてしまって、うまくコミュニケーションが取れないケースもあります。
そういった時にこうした形成外科の技術によって、やけどのアザが消え、前を向いて本人が笑顔で毎日を過ごすことができるなら、それを見ている他人も心から嬉しく感じるのではないでしょうか。
交通事故等で障害を負ってしまった人たちにとっても、また多くの人々にとってもさらなる期待を担うのが今後の形成外科の発展だと言えます。